客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

バーが伝票に残したもの

アメリカの飲食店では、殆どの場合、客はクレジットカードでの支払いを希望するため、ファビラもカードマシンを持ってバーの元へ戻る必要があると思っていました。しかし、それは今回のケースには当てはまりませんでした。バーは、すべての勘定を現金で支払ってお釣りも受け取らずにレストランをさってしまったのです。もちろん、食事代に十分なお金さえあれば支払い方法に関しては別に何の問題もないのですが、それにしても流石に今回のお会計には奇妙な点が多く残されていました。

Advertisements
Advertisements

客がカードで支払わない場合、現金で精算しますが、この場合はお釣りを受け取る必要があるため、どちらにせよウェイターがまた来るのを待つでしょう。しかしバーの場合は、これにも当てはまらず、彼は伝票を受け取った直後にテーブルを去ったのです。ファビラがテーブルに残された伝票を見ると、そこには何かが書かれていました。彼がそれを確認すると、一瞬、そこに書かれていたことが信じられませんでした。もし、あなたが彼の立場であっても、すぐにこの状況を飲み込むことは難しいでしょう。そしてあなたは、この状況に完全に困惑するかもしれません。

Advertisements
Advertisements