客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

伝票に書かれていた数字

バーの伝票にかかれていた勘定の金額は、なんと200ドル程に及んでいました。その夜の間に、彼がオーダーした飲み物や食べ物の合計金額が、最終的にどれほどになるのか、彼は全く気にとめていなかったのは明らかでした。これはまあよくあることで、お酒をたくさん飲んでいるとついつい気分が良くなって、あまり深く考えずにあれもこれもオーダーしてしまったという経験は誰にでも一度はあることでしょう。しかしこの時伝票に書かれていた驚くべきことは、この飲食代自体ではありませんでした。

Advertisements
Advertisements

伝票の正確な請求金額は191.39ドルで、バーは小切手で支払うことを希望していました。そして重要なことは、バーが残した金額は191.39ドルではなく、その2倍の金額、つまりほぼ400ドルだったということです。これは、彼が請求額とほぼ同じ金額のチップを残したことを意味します。ファビラは一瞬この金額は間違いだと思いましたが、伝票の裏に書かれた小さなメモに気づきました。そして、彼の金額が間違っているのではないかという疑惑は、実はそうではないという確信に変わったのです。

Advertisements
Advertisements