客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

バーの残したメモ

バーが残した、請求額と同額というあまりに多額のチップに驚きを隠せなかったファビラは、バーが伝票に残したメモを読みあげました。そこには、「私たちは若く、私たちは奉仕する価値があり」と書かれていました。バーは、元の勘定とほぼ同じ金額のチップを残していったのです。それはもちろん、ファビラにとってこれ以上にないくらいの良い出来事でしたが、もちろんこんなことが起こるなんてファビラは予測したことがなく、一般的に考えても限りなくイレギュラーな事態だったので、彼は最初困惑しました。

Advertisements
Advertisements

ファビラはその夜、一瞬にして多額のチップを手にすることができました。しかし、ファビラはその想定外の状況に絶句していました。確かに、彼は他の人よりも多くのお金を必要としていたかもしれませんが、そうであっても彼は、この多額のチップが本当に彼に向けられたものであるのかどうかを、きちんと確認したいと切望しました。そして彼は、既に席を立っていたバーに会い、このチップの金額に間違いはないのか、そしてこれは彼に向けられたものであるのかを、本人と直接確認するため、急いで彼を追跡し始めたのです。

Advertisements
Advertisements