客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

バーとの正当性の確認

ファビラが、あまりにも多額のチップを残してレストランを後にしたバーを追いかけ始めた後、幸いにも、彼はバーを見つけるまでにそれほど時間はかかりませんでした。そしてファビラは彼に近づき、自分に多額のチップをなぜ残したのか、その理由を直接尋ねました。バーはそのファビラからの質問に対して、素直に回答しました。そこで彼が語った理由は、ファビラにとってあまりにも驚くべきことでした。

Advertisements
Advertisements

話を聞くと、バーは24歳で、無給のインターンシップをしながら、サクラメント州立大学で勉強していた学生でした。この事実は、彼の大胆なオファーをさらに寛大なものへとのしあげました。そして、彼が残したチップの金額の正当性についてファビラが尋ねると、それはまったく間違いでもなんでもなく、正当なものだと答えました。バーは、若さにあふれていて、年齢からは想像できないほど寛大な、本物の若者でした。しかし、彼をここまでの行動に至らせた理由は何だったのでしょうか?

Advertisements
Advertisements