客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

ファビラに共感を示したバー

そこからバーとファビラは、その場で少し話しを始めました、そしてなぜバーがまだ若い学生の身であるにもかかわらずこのように寛大なチップをファビラに残したのか、その謎が明らかになりました。バーはかつて、ファビラと同じ用にウェイターとして働いていた経験があり、ファビラが置かれていたその夜の状況を良く理解していました。そう、飲食店で接客業をしたことのあるからこそ共感できることがあるのはお分かりかとは思いますが、バーもその気持ちがわかる人間だったのでした。

Advertisements
Advertisements
彼はCBSとのインタビューで、かつてのウェイター職としての経験についてこう答えています。「飲食店では、通常フレンドリーなウェイター達が接客してくれますが、人々は通常、自分も彼らと同等の経験をしない限り、彼らの価値やありがたみがわからないものだ。」バー自身の経験から、この仕事の辛いところをよく理解しており、忙しい夜に、一人でウェイターをこなすことが、どんなに大変なポジションであるかを知っていたので、その夜ファビラの置かれていた状況に深く共感したのです。

Advertisements
Advertisements