客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

祝いの時間

バーがチップとして残した200ドルという金額は、学生にとってはとても簡単に支払うことができる金額ではありません。だからこそ、今回の高額なチップには、単なるチップ以上の意味が込められていることはどう考えても明らかでしょう。バーのこの大盤振る舞いの行動の裏にあるものは、この記事を読んだ後により深く理解できるかもしれません。彼はその晩レストランで、大学の最後の年の終わりを祝い、友人たちを食事をしていました。誰もがそのような記念すべき節目に立った時は、楽しく食事をするものでしょう。

Advertisements
Advertisements

それまでに何年もの間、バーはお金を稼ぐために一生懸命働いていたため、彼は今までの分を、何かの形で返す時だと感じていました。人生の良い状況にいる人達が、その人達よりも良くない状況にいる人たちに救いの手を差し伸べるのは、素晴らしいことだと言えます。バーはその夜、忙しいレストランでファビラが一生懸命働いているのを見ていました。その姿は、数ヶ月の自分をありありと思い出させたのです。そして、彼に対して自分ができる最低限のことは、そのサービスに相当するチップを払うことだと考えたのです。

Advertisements
Advertisements