客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

アメリカでの飲食店のチップの重要さ

人々が、普段から利用するレストランなどで働くサービス業の人々が、彼らの低い賃金を補助するために多くのチップを必要としていることは、極めて一般的な知識として認知されているかもしれませんが、実は、それはあなたが期待するほど理解されているわけではありません。多くの人が、その意味を深く考えないまま義務的に、文化的に、習慣的に一定のチップを払っているだけなのです。しかし、チップがどれだけ接客業に携わる人々にとって大切なものであるかということはもっと幅広く知られるべきなのです。

Advertisements
Advertisements

バーは当たり前のように多額のチップを残しましたが、言うまでもなく、チップを残さない人々も大勢います。通常、人々が認識しているチップの割合は、食事代の合計金額の15%から20%です。しかし統計によると、アメリカ人の最大40%は、それよりも少ないチップを残すか、または何も残さないという驚きの結果を示しています。この事実は、ファビラのようにサービス業に従事している人々(顧客満足のため、最善を尽くして働いている人々を含む)に、大きな不安を引き起こす結果です。

Advertisements
Advertisements