客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

一人で全テーブルの接客を担当

この奇妙な出来事は、金曜日の蒸し暑い夜に起こりました。その日は絶好の好天に恵まれ、レストランは多くの客で溢れかえりました。そして、そのレストランの接客を担っていたのは1人のウェイター、デビッド・ファビラだけでした。接客業の経験者であれば、混み合った店内を回すことがどれだけ難しいか知っていることでしょう。猫の手でも借りたいくらいの忙しさなのに、一人で全てをやり切らなければならないなんて、聞いただけで倒れたくなってしまいます。

Advertisements
幅= 1200
Advertisements

ファビラは仕事熱心な男性ですが、その夜のレストランの状況には、接客経験の長い彼でさえ本当に圧倒されるような状況でした。ある客は、レストランにごった返す大勢の客を上手く接客・管理するため、何人か応援を呼んだらどうかとさえ、ファビラに提案しました。その夜のレストランの空気は、気温の暑さも手伝い、人混みと熱気でむんむんとしていました。ファビラは通常、活力の溢れるダイナミックな人物でしたが、その夜だけは、彼であっても接客に手を焼くほどでした。

Advertisements
Advertisements