客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

「チップつきの最低給与」

サービス業従事者の最大の懸念は、「チップつきの最低賃金」と呼ばれる労働法です。これは労働者にとってまったく優しくない法律ですが、すべてのウェイターにとって有効な法律となっています。簡単にいうと、最低賃金というものは設定されているものの、チップをもらうことを考慮してその最低賃金よりも低い額で働かせても構わないというものです。これはチップの本来の意味を考えれば全くもって筋の通っていない話ですが、現実は多くの人々がこのような決まりによって苦しめられています。

Advertisements
Advertisements

minimum-wage.orgのウェブサイトでは、次のように報告されています。「カリフォルニア州の労働法では、最低賃金は12ドルとなっています。しかし、チップを受け取っている労働者は、このカリフォルニア州の標準最低賃金を下回る賃金を、現金にて雇用者から受け取ることができます。」もし、彼らが他の業界で働く労働者と同じ水準の賃金を受け取ることができれば、彼らは最低でも最低賃金が保証されているので、問題はそれほど深刻ではないでしょう。しかし、このような決まりによって、サービス業に従事する人々には最低賃金すら保障されていない状況なので、経済的な問題に陥りやすいのです。

Advertisements
Advertisements