客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

パラダイムを変える

多くの人が、この「チップを最低賃金に含めて考えるシステム」は不公平である、または適切ではないと考えています。彼らは、サービス業で働くすべての人に対し、適切で公平な賃金を求めています。なぜなら、チップ収入に頼ることは、自立して生計を立てるための理想的な方法ではないからです。賃金というものはあくまでもその労働の対価として雇用主から得られるものであり、顧客から直接個人的に受け取るチップはそれとは別の意味合いを持ったものだからです。

Advertisements
Advertisements

もし法律が改正あれ、物事が変化すれば、それは全国のサービス業で働いている、何百万もの労働者にとって、より安定していて信頼できる雇用構造が成立することでしょう。これにより、ウェイターの給与も大幅に増加します。もしこの法案が現実のものとなれば、多くの人にとって素晴らしいです。なぜなら、チップに関しては誰もがバーほど関大ではないし、ファビラのその日の夜ほど、誰でも幸運に恵まれているわけではないからです。

Advertisements
Advertisements