客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

バーから学べること

バーは、学生ながら200ドルものチップを残したというこの事実により大きく注目を浴びることになりましたが、自分が行ったことの功績を認めたくはありませんでした。なぜなら、それは彼が純粋に優しさから行った行動だったからです。バーは、一生懸命に働いていたファビラが、元々の伝票の額と同じほぼ200ドルに値すると信じていました。そう、どんなに賞賛されても、その賞賛をバーではなくサービス業に従事する人々へのリスペクトに変えて欲しいと心から願っていたのでした。

Advertisements
Advertisements

また、バーがすぐにレストランを去ったのは、チップの金額に対しての賞賛を欲しなかったからです。私たちがなぜこの事について言えるかというと、ファビラが伝票を発見した後にバーを探し始め、彼がまだ敷地内にいる間に見つけることができた、という事実があるからです。このように、全くの赤の他人にここまで寛大になれる人は、最近ではとても珍しいことです。私たちは皆、バーから親切さと謙虚さの両方を学ぶことができます。

Advertisements
Advertisements