客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

信用を得るための善行

私たちは、裕福な人々が、恵まれない人々や環境問題に対し、どのような寄付活動や慈善活動を行っているかについて、いつも耳にしています。お金がたくさんあるので、たくさんのお金を寄付したり、慈善活動のために費やすことができるのです。彼らはこの活動に対し、当たり前のように人々から賞賛を受けます。それはもちろん素晴らしいことで、賞賛に値しないというわけではありませんが、それによってその裕福な人々の株が上がったとしても、貧困問題や環境問題が根本的に解決されるかと言えばそうではありません。

Advertisements
Advertisements

しかし、このような人々についての悲しい点は、誰もが純粋な気持ちから慈善活動をしているわけではない、という事実です。なかには、これらの善行を行うことによって、他人に好印象を与えたり、支持を得ようとする人もいます。また、これらの人のなかには、自分の気分を高めたり、他人からの信用を得るためだけの目的で善行に走る人もいるのです。しかしながら、バーの行った行動は、これらのどれにも当てはまるものではありませんでした。

Advertisements
Advertisements