客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

カルマをご存知ですか?

宗教的な人であっても、そうでない人であっても、カルマを信じる人もいれば、信じない人もいます。カルマの教えによると、良いことであろうと悪いことであろうと、何か人に対して行った行為は、何らかの形でその人の元へ返ってくると言われています。人に対して悪いことをしたら、例えその場ではバレることがなくてもいつかはその報いを受け、逆に人に対して良いことをしたら、例えその場では誰かに知られることがなくても、いつかは恵まれるという考えです。

Advertisements
Advertisements

これが、私たちが日常レベルにおいて、自身が他人から扱ってほしい方法で、同じく周囲の人々を扱うべきだという理由です。一部の人々は、カルマについて考えていなくても、それつにいてさえ知らなくても、最終的には、自分の将来にとって極めて重要となってくるものです。そしてバーは、明らかにカルマについて思慮していなかったでしょう。彼はただ、純粋に誰かの手助けがしたいと望んでいたのです。そしてそれは、忙しい夜に勤勉に働いていたサーバーとしての彼に報われることになりました。

Advertisements
Advertisements