客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

自身が撮影されていることを知らなかったウェイトレス

テキサス州ラ・マルケでは、あるワッフルハウスで、あるウェイトレスが毎日とても忙しく働いていました。そして、「その一日」も特別な日ではなく、ごくごく普通の朝でした。少なくとも、彼女はそう思っていました。そしてほんの数時間の間に、一連の出来事が起こり、それは彼女の人生を大きく変えることになりました。彼女が通常通りウェイトレスの業務をこなし、客にコーヒーと朝食を提供したときには、彼女はそんな事を知る由もありませんでした。人生というのは本当に分からないものです。

Advertisements
Advertisements

このワッフルハウスには、多くの常連客がいました。そのうちの一人はローラ・ウルフという女性で、彼女は頻繁にレストランを訪れてはコーヒーをオーダーし、レストランのスタッフたちとおしゃべりを楽しんでいました。彼女のレストランへの訪問は定期的なものでしたが、2018年3月3日に彼女が朝食を食べに訪れた時は、他のどの日よりも違っていました。ローラはその日、彼女の目を鷲掴みにする何かを発見し、サーブされた朝食を脇にやって、急いでスマホを取り出さなければならない状況に遭遇しました。そして、彼女はあるウェイトレスの写真を取り始めました。そしてそのウェイトレスは、何者かが彼女の様子を撮影していることにまったく気がついていなかったのです…

Advertisements
Advertisements