客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

ウェイトレスを見張っていたローラ

このワッフルハウスの常連客の一人であるローラは、毎日彼女がレストランに足を運んだときに朝食をサーブしてくれるレストランのスタッフとも顔なじみであり、彼らの名前もいくつか知っていました。アメリカを含む英語圏では、友達であろうと他人であろうと、下の名前で呼び合うのが普通です。それはレストランの客側とスタッフ側としての関係においても同じであり、ローラはそのお気に入りのレストランのスタッフたちとまるで友達のようなフレンドリーな関係を築いていたのでした。

Advertisements
Advertisements

この特に忙しい朝、出勤していたウェイトレスの1人は、エヴォニ・ウィリアムズという女性でした。彼女はこのレストランで長年働いていたので、店の看板的存在として常連客から親しまれていました。エヴォニは彼女が18歳の時、大学進学のためにお金を稼いで貯金するということを決意し、行動を始めました。そのため、このワッフル・ハウスでの長い勤務時間とその給料は、彼女の目標を達成するために非常に大きな助けになっていましたが、それでもまだそこまでの多額を貯金することはできていませんでした。

Advertisements
Advertisements