客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

ひとり親の生活

さて、この物語の詳細に入る前に、今回の物語の主人公であるファビラに関するいくつかの基本情報をお伝えしておきましょう。彼はカリフォルニア州ローズビルに住む、31歳の男性で、何人かの子供たちの面倒を1人で見るシングルファザーでした。子育ては夫婦揃っていても、例え祖父母の力を借りたとしても決して簡単なものではありませんが、ましてやひとり親となるとその物理的、経済的な負担は相当のものでしょう

Advertisements
幅= 800
Advertisements

ローズビルは、サクラメント大都市圏にあります。ファビラは2つの仕事をかけもちしていました。1つは、ハウス・オブ・オリバーというワインバーのウェイターで、もう1つは、厳密にいうと、生活をなんとかやりくりするためのものでした。多くの子供を持つ若い親は、自らの意思や情熱からではなく、ただお金が必要であるという理由で、2つの仕事をかけもちして働く大変さと、その気持ちが分かることでしょう。ファビラは子供の将来のために、できる限りの準備をしなければなりませんでした。彼は非常に献身的で、責任感のある父親だったのです。

 

Advertisements
Advertisements