客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

なんて忙しい日!

エヴォニはその日の朝、レストランがとても混んでいることにかなり興奮していました。もちろん、客がたくさんいると仕事は忙しくなり、トラブルの発生する確率も上がり、体力的にも精神的にも消耗することは言うまでもありません。しかしながら、金銭面ではこのような状況は大きなメリットとなります。と、言うのも結局のところ、ウェイター達の収入の大部分を占めるのは客からのチップです。それはつまり、より多くの客が来店すればするほど、より多くのチップがもらえることを意味します。

Advertisements
Advertisements
彼女は熱心に働き、次々に注文を受けては、温かい食べ物を客の元へ運びました。しかし残念ながら、この忙しい日に限ってレストランの人員が少なかったため、エヴォ二は人手の足りていない部分をカバーし、すべての業務をスムーズに回すため、普段以上に努力しなければなりませんでした。そして彼女はその日、仕事を完璧に終えるため、文字通り走り回っていましたが、彼女があるテーブルで食事を出したのとき、彼女は一瞬なにかに気を取られました。
Advertisements
Advertisements