客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

彼女が気づいた何か

エヴォニはその日の朝、レストランがとても混んでいることにかなり興奮していました。もちろん、客がたくさんいると仕事は忙しくなり、トラブルの発生する確率も上がり、体力的にも精神的にも消耗することは言うまでもありません。しかしながら、金銭面ではこのような状況は大きなメリットとなります。と、言うのも結局のところ、ウェイター達の収入の大部分を占めるのは客からのチップです。つまり、より多くの客が来店すればするほど、より多くのチップがもらえることを意味します。

Advertisements
Advertisements

彼女はこのレストランで、彼に何度か会ったことがありました。彼は通常、少なくとも週に一度は顔を出していて、間違いなくレストランの常連客でした。この客は、エイドリアンという名の78歳の男性でしたが、本名の代わりに、誰もが彼を「ミスター・カラオケ」という愛情のこもったニックネームで呼びました。ワッフルハウスのスタッフは皆、彼が健康上の問題を抱えていることを知っていて、彼らはどこに行くにも、酸素タンクを持ち運ばなければなりませんでした。

Advertisements
Advertisements