客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

エヴォニの注意を引いたエイドリアン

エヴォニはこの日、忙しいレストランを早く回すために、絶えず休まず動いていました。彼女には、立ち止まって一息つくような時間すらもありませんでした。そして彼女は、自分の目の前に積まれた仕事の量に圧倒されるような感覚に陥っていました。飲食店で接客の担当を任された経験のある人であれば、混み合った店内を回すことがどんなに難しいか、あちらからもこちらからも呼ばれて走り回ることがどんなに大変かわかることでしょう。

Advertisements
Advertisements

その現場に居合わせたエイドリアンは、彼女の注意を引こうとしました。そして彼女は、そんなエイドリアンの試みに気づき、彼が座っているテーブルに向かいました。そしてその老人は、彼女に何かをささやき始めました。しかし、その声はとても小さかったので、周囲にいた他の誰もが、その具体的な内容までは聞こえませんでした。この時点でエヴォニは、ある客が彼女を盗撮していることを知らないことを思い出してください。そしてその客は、この2人のやり取りに気付きました。

Advertisements
Advertisements