客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

カメラはすべてを見ていた

この時ローラは、エヴォニとエイドリアンが何か会話を交わしてした向かい側のブースの席に座っていました。ローラはそのレストランに毎日通い詰めるほどの常連客であったため、そこでレストランのスタッフと他の客が会話している風景など山ほど見たはずです。レストランで働いているのはロボットではなく人間なのですから、例え営業中であってもちょっとした会話が挟まれるのは当たり前のことでしょう。それなのになぜ、ローラはその日その特定の会話を撮影する必要性を感じたのでしょうか?

Advertisements
Advertisements

彼女は、彼らが一体何を話しているのか、聞くことができませんでした。彼女は少しだけ彼らを距離を狭め、その会話の断片を少しでも聞き取ろうとしました。ローラは、その男がエヴォニに話しかけている間、どこか気恥ずかしそうな態度を取っていることに気付きました。何か信じられないような出来事が起こっている予感がしたローラは、カメラをそっと取り出して、その様子を撮影し始めました。一体、現場で何が起こっていたというのでしょうか?

Advertisements
Advertisements