客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

理解が困難

混雑したレストラン内で食事をしていると、誰かが何かを話していても、その内容が聞き取りずらい場合があります。特に、健康上の理由で酸素ボンベを使用している老人の声ともなれば、なおさら何と言っているのか分かりづらいものでした。通常であれば、そのように聞いているだけで疲れてしまうような人と関わることは控えたいと思う人も多いことでしょう。しかし、それでもエヴォニは接客の担当者として、一人一人の客にしっかりと耳を傾ける責任がありました。

Advertisements
Advertisements

エヴォニは、エイドリアンが何と言っているのか、身を乗り出してその内容を聞き取ろうとしました。そうこうしている間にキッチンにいたシェフの1人が、忙しい朝の真っ只中に、彼女がウェイトレスとしての仕事を怠たっていることに気付きました。客の元へとサーブしなければならない朝食のプレートが列をなしてきていました。シェフはエヴォ二の注意を引くため、キッチンから大声て彼女を呼びかけましたが、彼女はこの呼びかけを無視し、エイドリアンに耳を傾け続けました。

Advertisements
Advertisements