客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

朝食の内容に腹を立てていたのか、それとも…

エヴォニは最初、常連客の一人であるイドリアンが、その日の朝に出された朝食についてなにか不平を言っているのではないかと思いました。これは、客がウェイトレスのを呼び出す最も一般的な理由の1つです。それは、味が悪い、冷めている、異物が混入していたなどのレストラン側に明らかな非がある場合もあれば、単なる客の気まぐれ、わがままである場合もあります。しかしどんな理由であっても、店側にはまずは客からの話を真摯に聞くことが求められます。

Advertisements
Advertisements

実際、エイドリアンは静かに何かをささやいた後、自身の前にサーブされた朝食の乗ったプレートを、エヴォニの方に差し出し始めました。そしてエヴォニはというと、ハム、トースト、自家製フライドポテト、そしてスクランブルエッグが乗った朝食プレートを、受け取るのを拒んだのです。一体何が起こっているのでしょうか?なぜ、この老人は自身で注文した朝食を食べたがらなかったのでしょうか?注文したメニューとは違うものが運ばれてきたのでしょうか?

Advertisements
Advertisements