客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

誰かが見ていたそのやり取り

この一連のエヴォニとエイドリアンのやり取りは、客観的に見ると長い時間がかかっているように思われるかもしれませんが、これらのやりとりの全体は、この極めて忙しいエヴォニの朝にとって、ほんの1分程度のもののように感じました。それだけ、そのエイドリアンが語った内容はエヴォニにとって衝撃的で、強い印象を与えたものだったのです。そしてそんなエヴォニがエイドリアンの話を聞いていた光景は、実際のところ他の客にも見られており、それは興味深いものであったようです。

Advertisements
Advertisements

この短いやりとりの間、エヴォニの関心はエイドリアンに集中していました。彼女が老人が話している間は、朝食を求める客で混雑したレストランと、空腹でテーブルが空くのを待ちわびているウェイティングリストの常連客は、彼女の心から一時的に消え去っていました。彼女はこの常連客の一人が、彼女に何を訴えているのかを正確に理解したかったのです。この時点で、ローラはこのやりとりをまだ撮影し続けていましたが、そこではまた別の撮影も行われていたのです…

Advertisements
Advertisements