客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

すべては助けの求めから始まった

ローラが撮影した一連の写真は、エイドリエンがウェイトレスのエヴォニに向かって、何かもちかけた時の様子から始まっていました。この時点では、これから一体何が起こるのか、誰も予想がついていませんでした。エイドリアンは、何か追加でオーダーをしようとしたのでしょうか?運ばれてきたメニューに対してクレームをつけていたのでしょうか?しかし実際のところは、その内容は多くの人々が予測するであろうものとは異なっていました。果たして彼はエヴォニに何を頼んだのでしょうか?

Advertisements
Advertisements

エイドリアンは、健康状態が悪化していました。そして一昔前のように、自分で物事を思うように進めることができなくなっていました。ローラは、エヴォニに話しかける彼が、ずっと気恥ずかしそうにしていることに疑問を感じていました。そして彼は、朝食のハムを切るのに助けを必要としていることがわかりました。「細くてしっかりとしたフォークを握ることならできるんだが」と、エイドリアンは後にABCニュースに語りました。「しかしそれを使って食べ物を切ろうとすると、誰かを刺すつもりであるように見えてしまう」。これが、彼がエヴォニに助けを求めていた内容でした。

Advertisements
Advertisements