客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

病欠人の替わりのウェイター

今回の話で面白い点は、ファビラは正確にはウェイターではなかったということです。彼のポジションはハウス・オブ・オリバーのバーテンダーで、通常は外のパティオで接客を担当していました。バーテンダーというのはどちらかといえばカクテルを作ることを仕事としていて、接客はあまりメインの業務ではありません。しかしながら、どういう風の吹き回しか、その日に限って彼は急遽接客を任されることになったのでした。

Advertisements
幅= 1000
Advertisements

その夜は病欠人がいて、また非常に忙しかったため、彼は代替のウェイターとして勤務していました。ハウス・オブ・オリバーは慢性的な人手不足であり、忙しい時には、すべての従業員ができる限り協力して勤務する必要がありました。ファビラがその夜のフロア・チームに参加し、いくつかの接客をこなした後、今夜のレストランは大変な事になると理解するまで、それほど時間はかかりませんでした。そして彼はその夜を通して必死で働いたのです。

Advertisements
Advertisements