客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

困っている人を助ける

その後に受けた取材でエヴォニは、この運命的な朝のワッフルハウスでの一幕について語りました。 この時エイドリアンは「自分の手が思うように動かない」と話していて、彼女はまた、彼の要求内容についても説明しました。エヴォニは、とても勤勉で非常によく働くウェイトレスであるだけでなく、心の優しい女性でした。そのため、何かに対して非常に困っているように見えたそのお爺さんを、なおざりにすることなどできなかったのです。困った人を助けるというのは、彼女にとって当たり前のことでした。

Advertisements
Advertisements

彼女は、エイドリアンが求めている質問の内容を正確に聞きとるため、彼に近づいて姿勢をかがめる必要がありました。「彼は私に、朝食プレートに乗った食べ物を切ってくれないかと頼んできました。彼の様子を見て、私はそれを引き受けました」と、彼女は後にABCニュースに語りました。エヴォニは彼のプレートをを取り、ハムを細かく食べやすい状態に切って、エイドリアンの元に返しました。このようなお願いは、ウェイトレスとして日常的なことであり。エヴォニはいつも通りの仕事をこなしたまででした。少なくとも、この段階では…

Advertisements
Advertisements