客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

話題を読んだローラの投稿

このように、ハムがうまく切れないのでナイフで切ってくれないかという依頼をしたエイドリアンに対して、その要望を素直に受け入れたローラは、ウェイトレスという食事を運ぶ役割の範囲を超えて、彼のハムを切りました。常連客のローラは目前でその光景を目撃し、非常に感銘を受けたのでした。そして彼女は、そんな心温まる光景を、より多くの人々に届けたいと思いました。そして彼女は、それらの様子を収めた写真を共有し、広めるためには、Facebookの利用が最適だと考えました。

Advertisements
Advertisements

彼女はこのような内容を投稿しました。「この男性の名前は知りませんが、この客は、自分の手が上手く動かないとウェイトレスに言っているのを聞きました」「彼は酸素タンクを持っていたので、呼吸困難な状況だったようです。この男性の要望に、このウェイトレスはためらうことなく彼のプレートを取り、ハムを切り始めました。大した事のないように聞こえるかもしれませんが、きっと彼にとっては大きなことだったと確信しています。今、世の中はネガティブな話題で溢れていますが、私の忙しい一日の初めに、このような親切と心で溢れた思いやりの行為を目にして、とても有り難みを感じました。」このメッセージは、見たすべての人に広く共鳴しました。

Advertisements
Advertisements