客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

面会の日がやってきた

エヴォニにとっての一大イベントの日がやって来ました。彼女は、いつもの職場がジャーナリストや映画のスタッフでいっぱいになるのを目撃しました。エイドリアンの対応をした日は、ローラが彼女を撮影していることに気づくことはありませんでしたが、少なくとも今回は、自分の姿が録画されていることを認識しているでしょう。もちろん、こんなに注目される状況は彼女の人生において初めてでした。いったい何が始まるのか、市長はいったい何を語るのかと、彼女は不安と期待でいっぱいでした。

Advertisements
Advertisements

そして市長が到着し、ワッフルハウスのバーの後ろに立ちました。そこは、かつてエヴォニが、エイドリアンの朝食をサーブしたときと同じ場所でした。そして市長は、特別なプレゼンテーションを行いたいと発表しました。彼は集まった群衆とプレス用のカメラに、3月8日はラ・マルケの「エヴォニ・ウィリアムズデー」とする、と宣言したのです。この段階でエヴォニは、自分のおかれている状況がますます信じがたくなっていましたが、その先の状況はますます良くなっていくでしょう。
Advertisements
Advertisements