客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

恩返し

エヴォニのウェイトレスとしてのレストランでの善行が、ローラのfacebookを通じてインターネット上で拡散されてから、人々は彼女のことについて、深く知りたがりました。この慈善愛に満ち溢れた若い女性は、何がきっかけでワッフルハウスで働くことになったのでしょうか?ウェイトレスが夢の仕事だったのでしょうか?それとも何か他のことを目指して、目的を持って仕事をしているのでしょうか?多くの人の注目が集まると、中にはかなり詳細までその背景を知りたがる人がいるというのは当たり前のことです。

Advertisements
Advertisements

ラ・マルケの人々は、エヴォニが大学に行くのに十分な資金を溜め、また生活費の節約もかねて、ワッフルハウスで一生懸命働いていることを知りました。そして一部の住民は、エヴォニが無事に希望校へ行けるだけの授業料を調達しようと、クラウドファンディング「GoFundMe」でアカウントを作成し、「ペイ・フォワード」運動と題した活動にて資金を募りました。また、この活動は、非常に重要な誰かの耳にも届き、彼も自ら活動に参加したことがわかりました。
Advertisements
Advertisements