客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

その日そこにいた、重要な誰か

エヴォニは、多くの人からの賞賛の言葉や、ワッフルハウスでの運命を日を祝って作られた新しい休日、そして彼女の進学への道は、その日のレストランにエイドリアンとローラがいたからこそである、と言い、彼女は2人に深く感謝しました。もちろん彼女は彼女自身の行いによって賞賛され、相当のプレゼントを受け取るに値する人間ではありますが、それでもどこまで行ってもとにかく謙虚で、他の人々への感謝とリスペクトを忘れることがない人間性を持っていたのでした。

Advertisements
Advertisements

しかしその面会の日には、市長だけでなく、エヴォニが夢にも思っていなかったような人物までもが出席していました。彼女は、彼女が今置かれている状況が、現実であるとは信じ固いと思えるほどの人物でした。それは、テキサス州立大学の学長だったのです。彼は今回の面会への出席について、テレビのインタビューでこう話しました。「私はエヴォニに、どんな小さな善行であっても、決して見過ごされるようなことはない、と直接面談して伝えたかったのです。」

Advertisements
Advertisements