客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

お父さんにとって疲れる夜

一部の人は、仕事で大変な功績を残したそのしばらくの間、盲目となるくらいの自信がつくかもしれませんが、それらは最終的には消えてしまいます。これは短期間で素晴らしい仕事っぷりを見せた、ファビラの身にも起こったことです。ファビラは非常によく働く男性で、多くの客からも同僚のスタッフからも好かれていました。もちろん職場での評価は非常に高く、接客そのものだけでなくフロア全体をうまく管理することに長けていました。

Advertisements
幅= 960
Advertisements

その忙しい夜、彼の勤務するレストランはスタッフ不足であり、また彼以外に手の空いた人材がいなかったため、彼はヘルプとしてのウェイター業務を引き受けなければなりませんでした。しかし、彼にとって最も厳しかったのは、その時彼は自分のポジションの仕事を終えたばかりで、疲れきっていたということです。その夜は非常に忙しいものになるだろうと容易に予測できましたが、ここでファビラは一考しました。レストランのスタッフは彼を必要としており、彼もまた彼らと一緒に働くことが好きでした。そこで彼は、接客サービスが円滑に進められるよう、効率的に進めるための手段と方法を確認しました。

Advertisements
Advertisements