客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

運命の客、ステファン・バー

ファビラは勤務を始める前、レストランで具体的に何が起こるのか、まったく予測できませんでした。その夜、彼が遭遇するある客が、予期せぬ方法でファビラの生活に影響を与えることになるとは、まったく知る由良しもないまま…とにかくその夜は忙しかったので、彼はレストランをなんとか回すことに必死でした。普通であればそんな日に、客の一人一人にあまり注意をしている暇はないというのが正直なところでしょう。一体ファビラの身に何があったのでしょうか?

Advertisements
Advertisements

私たちが話しているその客とは、この写真に写る男、ステファン・バーのことです。その夜、ファビラは非常に忙しく働いていて、レストランにいる彼に気がつきませんでした。彼は極めて忙しいその特別な夜の間、サービスの面ですべてを管理するのに手一杯でした。また、普段彼が慣れないウェイターの仕事をしなければならなかったので、彼がバーに注意を向けたり、彼を認識できたりする余裕は、ほとんどありませんでした。さて、このステファン・バーとはどういう人物なのでしょうか?なぜ彼が、ファビラに重大な影響を与えたのでしょうか?

Advertisements
Advertisements