客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

慣れないことへの不安と実際の行動

その夜、ファビラが慣れないウェイターとして勤務する前、彼はこんな自分に役目が務まるだろうか、という疑惑と心配でいっぱいでした。彼に与えられた役目は山積みであり、彼はそれらの仕事を正しく的確に行うことができるかどうか、自己疑惑に陥っていました。どんなにファビラが優秀なバーテンダーであったとしても、慣れないことをいきなり本番で行わなければいけないというのは誰にとっても緊張するものです。それはファビラも例外ではありませんでしたが、仕事としての責任と父親としての責任を胸にその役目を引き受けるのでした。

Advertisements
Advertisements

その忙しいレストランの夜、「私は客に対して、十分親切にできているだろうか?客の全員が、彼らが望んだものを、正確な順序でサーブされているだろうか?そして私は、全ての客に対して、素晴らしい第一印象を残せているのだろうか?」などの考えが、ファビラの心をよぎっていました。一年のうちで最も多いといっても過言ではないほどの、大勢の客が料理を楽しみ、にぎやかな夜の雰囲気に酔いしれました。そして客の1人だったバーは、忙しく働くファビラに目を向けました。

Advertisements
Advertisements