これらの非常識なものを作った建設業者は、おそらく解雇されているはず

ミレニアル世代は、新しい家の建設業者をいくらで雇えばいいかなど、本当に気にする必要はありません。率直に言って、彼らにとって家を所有するという考えは、まったくばかげています。

加えて、建設業界で働いく人間は、常に適切な資格を保有しているとは限りません。実際のところ、多くの建設労働者は、素人には分からないような手抜き工事をします。彼らはただ手間暇をかけたりすることなく、時間を節約するためだけに、誰にも知られないまま過ちを犯します。そして、家主や事業主がそれに気づいた時には、すでに手遅れになっているのです。『ローマは一日にして成らず』という言葉の由来を思い出してください。

使いみちのないガレージ

自動車愛好家にとって、究極の夢は、2階建てのガレージを所有できるほど裕福であることです。しかし、下の写真を見ると、このガレージに車を入れることは、どう考えても不可能です。

Advertisements
Advertisements

このガレージは、どのようにして使用するのでしょうか?車用のスロープを建設する計画は、果たしてあったのでしょうか?いずれにせよ、このガレージの目的は失われました。しかし、ちょっと違った角度からこのガレージを見れば、これはきっとあなたの家族をゾンビの襲撃からかくまうための、素晴らしい避難場所になるかもしれません。すべての世代にとって、それは常に隣り合わせにある問題です。あるいは、このガレージの所有者は、ここに小さな飛行機を格納していたのでしょうか?

Advertisements