エレベーターの防犯カメラは引退寸前の補佐官を捉え、そこに映されていた光景は即座に口コミで広がった

ほとんどの市民は、地域の警察当局から、少し距離が離れていると感じています。多分それは、私たちの権力に対する、固有の恐怖であるかもしれません、それか、私達は今までに、あまりにも多くの警察の車が、犯罪者と思われる車を追跡する場面を見たからかもしれません。あるいは、任務中にドーナツを食べる警官についての、冗談を聞きすぎたのかもしれません。

Advertisements
トニー・シェルブ
Advertisements

警察自身、しばしばこのような距離を認識しています。しかし、時として信じられないほどの何かが、このギャップを埋める時があります。退職寸前の警察のインストラクターであるトニー・シェルブが、彼の任務の最終日にエレベーターに入ったとき、彼はそこにある防犯カメラに気づいていませんでした。あるいは単に、彼は気にしていませんでした。エルパソ保安官局の優秀なメンバーたちは、彼の長年の指導から開放されて、ほっと肩を下ろしていました。そしてそれは、シェルブにとっても同様であり、すぐに、エレベーターで重荷から解放された様子のシェルブの画像が口コミで広がり、それはインターネット上に広まりました…

Advertisements