ベトナム人を語る男性は、自らを行方不明の戦争捕虜であると主張した

1960年代後半から1970年代初頭のベトナム戦争中、国が紛争への関与をめぐって分裂した際に、何千人ものアメリカ兵士が祖国のために戦いました。しかし、これらの兵士の多くは捕虜(POWs)となりました。終戦後、無事に帰国した者もいれば、帰国することなく、骨を異国の地に埋めた人も多くいます。残念ながら、これは戦時中であれば常に避けられないことです。また、多くの兵士が戦争中に行方不明となり、私たちがこれから発見する物語は、それに関連する信じられないような真実の話です…

行方不明および推定死者

ベトナム戦時中、捕虜にされるほど幸運でなかった人々は、しばしば飢え、拷問され、時にはベトコンによって殺されました。そして1975年の戦争の終わりには、多くの捕虜が解放されました。

Advertisements
Advertisements

しかし、そこにいなかった他の人々は、死亡したのだろうと推定されており、その中には特殊部隊グリーン・ベレー軍曹、ジョン・ハートリー・ロバートソンが含まれていました。しかし、この死亡したとされた捕虜は、ベトナムのジャングルで生存し、そこで新たな生活を始め、なんと2008年に発見されました。この男の話は、まさしく語り継がれるに値します。

Advertisements
Advertisements