これらの神秘的な家の機能は、何世紀も前に特定の目的で使用されていた

床の真ん中にあるボタン

家によっては、壁や床にランダムなボタンが設置されている場合があります。これらは元々サーバントボタンとして使用されており、19世紀後半に普及した、電気使用人呼び出しシステムです。

Advertisements
Advertisements

かつて、家の主人はこれらのボタンを押すことで、同居している使用人に対して部屋に入るように指示していました。今ではその目的を失ったこれらのサーバントボタンですが、現代においてもいくつかの家の床にはまだそのまま残されています。建築家は、家の所有者が使用することになるテーブルのサイズを予測できなかったため、床にこれらのボタンを配置することで、主人が確実に手が届くようにしました。今日におけるほとんどのサーバントボタンは、ラグの下などに隠されています。

Advertisements