これらの神秘的な家の機能は、何世紀も前に特定の目的で使用されていた

ミニハウスのサマーキッチン

ニューイングランド洲の大規模な物件には、メインハウスには繋がっていない、屋外の納屋がある場合があります。これらの納屋は、大きな暖炉と石のストーブを完備しているサマーキッチンです。

Advertisements
Advertisements

この小さなキッチンで、主人と使用人は、同居している皆を養うために十分な量の食事を準備していました。 19世紀に人気があったこのサマーキッチンは、調理中でもメインハウスをより快適に保てるようにと、離れ家のように設計されました。なぜなら、基本的にサマーキッチンでのすべての食事は、非常に高熱を発する石や木製の暖炉で調理されるためです。また、これらの一部には、使用人のための小さな部屋が設けられていました。

Advertisements