これらの神秘的な家の機能は、何世紀も前に特定の目的で使用されていた

フロッピーディスクがまだ現存している理由は?

フロッピーディスクは、持ち運び楽な磁気データキャリアです。この中に保管された内容は、boPETで作られた薄くて柔軟なプラスチックディスクに構成されています。またこのディスクは、主に酸化鉄である磁化可能な材料で覆われており、その保管原理はハードディスクの保管原理と似ています。

Advertisements
Advertisements

彼らが職場で使われている姿を、2000年代に見ることはもうできません。技術が発展した今、データ保存容量の少ないこのフロッピーディスクを使用する必要はないからです。すでに2020年となった今では、この事実は誰にでも、どんな企業にでも当てはまります。もし、あなたの家にまだフロッピーディスクがあるとしたら、その意義を考えてみてください。かつてそこに保存できたデータは、今はすべてインターネット上に無料で保存できるようになりました。あなたの孫や子供に細心技術を学ばせるためにも、どうか捨ててください。私たちの時代には、もう必要ありません。

Advertisements