これらの神秘的な家の機能は、何世紀も前に特定の目的で使用されていた

家の壁にある蜂の巣

古い家を改修している人は、壁の間に蜂の巣を見つける事があるかもしれません。これらの蜂の巣は、目的ありきで設置されたものであり、これは家の所有者がいつでも望むときに蜂蜜を採取することができます。

Advertisements
Advertisements

ミツバチは、家の中の主な生活空間に群がることなくして、壁の後ろのパイプの中を自由に飛ぶことができました。そして現在、この方法は「壁養蜂」と呼ばれています。養蜂は非常に古いもので、その歴史は60 ADにまでさかのぼります。住宅の所有者には、基本的に2つの選択肢があります。野生のハチの巣を持参するか、またはミツバチが自分で壁を見つけられるようにするかです。この構造は冬に家の中に熱をもたらし、夏には涼しい空間を作り出します。

Advertisements