これらの神秘的な家の機能は、何世紀も前に特定の目的で使用されていた

2番目の階段と隠し部屋

一部の映画に出てくるように古くて、かつ非常に大きな家では、壁に隠された2つ目の階段が、地下室や屋根裏部屋にあるさらなる秘密の部屋へと繋がることがたまにあります。

Advertisements
Advertisements

この階段は通称「召使いの宿舎」と呼ばれていました。 17世紀と18世紀において、召使いは主人と同じ家に住んでいました。この召使いたちの宿舎は、家に住む主人の目に普段触れられないようにするために建てられました。より大きな別荘では、これらの階段は、ダイニングルームやキッチンへと続く、入念な小道でした。召使いの宿舎は20世紀に建てられ、主にらせん階段と小さな部屋で構成されていました。

Advertisements