これらの神秘的な家の機能は、何世紀も前に特定の目的で使用されていた

地下室に通じる小さな窓

今日において、ほとんどの家庭では、天然ガスを使用していません。しかし、1940年代には天然ガスが唯一の選択肢でした。石炭供給業者は、戸口から戸口まで移動し、その小さな鉄の窓から石炭を投げました。

Advertisements
Advertisements

外へと続く窓は、石炭を地下室に落とすためのスライドが取り付けられていました。しかし1930年代半ばに登場した石油バーナーは、より安全で信頼性の高い熱と電気の供給源として、石炭を覆い始めました。そして今日、ほとんどの石炭スライドは全て閉鎖されています。しかし、いくつかの古い家の地下室には、まだこれらの小さな窓を見ることができます。

Advertisements