医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニー・ヘルフェルは、アメリカのウィスコンシン州マディソン出身の元海兵隊員です。アメリカ空軍に属する彼の息子が海外へと渡った時、彼はステファニーに自身の「シエラ」という名前のペットを預けました。この2011年の段階で、シエラはまだ生後9ヶ月でした。

Advertisements
Advertisements

それからシエラとステファニーは、とても良い親友になりました。しかし、元海兵隊員であるステファニーは、息子であるシエラの飼い主が難しい時期にある間、シエラと「交流」するということの重要性を知っていました。そして、このコンパニオンドッグは、やがてステファニーの救世主となります。犬は、私達人間たちをひどく驚かせるほどの才能があることを、あらゆる形で日常的に示します。 ステファニーと、このシエラという名のハスキー犬の間に何が起こったかを知るためには、この先を読み進めてください…。

Advertisements
Advertisements