医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

シエラは、現在の飼い主であるステファニーへの深い忠誠心の点で、彼女の癌を発見する前から、自分は唯一無二のハスキー犬であることを証明していました。彼女たちは生涯の親友であり、生物の種類を超えた真の友達同士でした。

Advertisements
Advertisements

シエラは外でのお遊びや、散歩、ボール遊びなど、通常の犬がたしなむ活動のすべてを楽しんでいますが、事や飼い主の事となると、信じられないほどに過保護でもあります。 たとえば、シエラはステファニーの近くにいるか、横で一緒に寝そべろうとよく近寄ってきます。ここで癌についてお話すると、生存の可能性が最も高いのは早期に発見することです。卵巣癌の生存率は、47%とされています。もしこの病気が体の他の部分に広がる前に発見された場合、その生存率は92%まで増加します。

Advertisements
Advertisements