医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

シエラが飼い主のステファニーの見せた行動は、明らかに異常なものでした。シエラの様子がおかしいのを見続けるのは、我慢なりませんでした。そのため、私はその原因を突き止めるため、婦人科医と面談することにしたのです。」と、ステファニー後にUSAトゥデイ誌に語っています。

Advertisements
Advertisements

そして、彼女の行動はまさに必要とされていたものでした。「超音波で血液を採取した数週間後、私は婦人科医の部屋に座っていました。そこで、自分が癌にかかっていることを知らされた時には、流石にショックでした」と、ステファニーは当時の様子を明らかにしました。もし、シエラが奇妙な行動を取っていなかったとしたら、ステファニーはおそらく彼女が卵巣嚢胞を持っていると信じ続けていたでしょう。実際に、犬は癌を検出できる優れた才能があることで知られています。

Advertisements
Advertisements