医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニーにとって、思いもしなかった癌という診断を受けることは、言うまでもなく大きな打撃でした。彼女は長い間、自身のかかえる問題は単純な嚢胞であり、深刻さはまったくないと考えていたのです。

Advertisements
Advertisements

しかし残念ながら、ステファニーが患わっていた癌を卵巣癌であると誤診されることは、珍しいことではありません。 多くの場合、この症状は他の症状と混同しやすく、多くの女性が経験する可能性のある、日常的に抱える健康問題と同じようなものです。3C期の卵巣がんであると診断されたステファニーは、早急に子宮全摘出術を受けなければなりませんでした。また、彼女の脾臓も合わせて切除されなければなりませんでした。

Advertisements
Advertisements