医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニーの得た診断結果は、彼女を震撼させました。アメリカン・キャンサー・ソサエティ(ACS)のデータによれば、卵巣癌に次いで多くの女性の命を奪う癌は、他に4種類だけが存在します。

Advertisements
Advertisements

また、卵巣癌は女性の生殖器系統に影響を与える、最も一般的な癌の形態でもあります。ACSの統計を元にした当時の書類によると、2018年のアメリカでは14,000人を超える女性が、この疾患の合併症で死亡するだろうとのことです。医者は、一度は女性の抱いていた得体の知れない難病の恐れを否定したものの、彼女の愛犬ハスキーはその真相を知っており、愛する飼い主彼により精密な検査を受けさせるため、ありとあらゆる行為に出て訴えました。その結果、ステファニーは幸いにも難病の早期発見に成功したのです。シエラは、ステファニーの命を救ったと言えます。

Advertisements
Advertisements