医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

ステファニーは、彼女が心から信頼できるハスキー犬のシエラがいなければ、自身のかかえる難病について早期に察知することはなかったでしょう。シエラは、医者でさえ診断できなかった隠された病気を、見事に発見したのです。

Advertisements
Advertisements

そして、この疾患の他のすべての形態と同様、一度卵巣癌にかかると、早期の診断と治療が非常に重要となります。その点、ステファニーは幸運でした。愛犬シエラが、彼女のかかえる症状が体の他の部分に広がる前に、その元凶を発見したからです。シエラは生まれ持った鋭い嗅覚を駆使し、愛する飼い主の体のどこかがおかしいことに気がついたのです。これを受けて、シエラの振る舞いがどうも奇妙になった様子を受け、ステファニーは心配になり再度医師との接触を図りました。

Advertisements
Advertisements