医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

卵巣癌にかかった女性が後に生存できる可能性は、発見された段階でどの程度癌が進行していたかによって、その確率は大幅に変わります。しかし幸いにも、ステファニーは愛犬のおかげで、早期発見に成功しました。

Advertisements
Advertisements

ACSによると、あらゆる種類の卵巣癌にかかった患者の生存率は47%とされていますただし、早期の発見に成功し、まだ癌が体内に拡がりきっていなかった場合、その数値は92%にまで上昇します。その点、ステファニーはとても幸運でした。愛犬シエラは、人間にはないほどの嗅覚のおかげで、主人の抱える難病を早急に察知したのです。このシエラの産まれもった感覚のおかげで、ステファニーは迅速な治療を開始することができました。そして、周囲の人間たちは皆主人を難病から救出した犬、シエラを祝福しました。

Advertisements
Advertisements