医師はある女性の恐れを否定したが、ペットのハスキー犬はその重要性を主張し続けた

今回のハスキー犬の見せた活躍は、周囲の人間たちを驚かせました。「私の愛犬シエラは、私の体のどこかで奇妙なことが起こっているという事実を察知しているようで、彼女は怖がっていた様子でした。シエラは、必死になって私にその問題を伝えようとしていたのです」と、後にステファニーは語っています。

Advertisements
Advertisements

またステファニーによると、シエラは頻繁にその口元を彼女のお腹のあたりに乗せて甘えていましたが、突然そんな彼女の習慣が急に止みました。それから彼女はステファニーのお腹を怖がるような素振りを繰り返し、最終的にはクローゼットの後ろに身を隠すようになりました。そのような行為は、シエラには非常に珍しいことでした。そして、ステファニーは卵巣癌のステージ3まで進んでいる、と診断した彼女にとって2人目の専門医に相談することを決めたのは、この時点でした。  

Advertisements
Advertisements